otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

家庭内暴力の被害を受けた女性27,087人 昨年に比べて0.1%減。 

|


スペイン国立統計局は5日、スペイン国内の女性に対する家庭内暴力に関する報告書を公開、その中で2014年に家庭内暴力の被害を受けた女性は27,087人に上ることが分かった。 


昨年と比べて0.1%減少、2011年と比べると16%減少した。 被害に遭った女性の平均年齢は36.2歳。 しかしながら、報告書によると未成年者にたいする暴力が増えており、2013年に比べて15.4%も増えた。 さらに70歳から74歳の女性に対する暴力が2013年に比べて25.9%増加するなど、社会的弱者に対する暴力が増えている。

家庭内暴力の被害者の内、68%はスペインで生まれたスペイン国籍の女性。 


自治州別にみた家庭内暴力が多かった上位3位は

アンダルシア 7021件

バレンシア 3940件

マドリード 2973件


2011年以来最も減少率が高かったのは

カタルーニャ 35.2%減

マドリード 27.4%減

アストゥーリアス 22.7%減

カナリアス諸島 22.2%減


ソース

Las víctimas de violencia de género menores de edad aumentaron un 15,4% el año pasado


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。