otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ルイス・デ・ギンドス経済・競争力相は、2016年から2018年の間に賃金が平均1.5%程度増加すると発表。

|

ルイス・デ・ギンドス経済・競争力相は5月3日のスペイン紙、エル・パイスのインタビューに「スペインの労働者価格は、欧州での競争力上昇に寄与する。」と回答。 「マクロ経済のリスクは、改革が立ち消えになる事だ。」

「選挙のためのメッセージと取られるかもしれないが、金融システム、労働市場、市場、エネルギー改革など、軌道に乗ってきたと思う。」

「もし大きな間違いを犯さなければ、向こう3年の間に潜在的な成長を期待できる。」等と回答


バンキア銀行に225億ユーロの資本注入を行ったが、そのうちどの程度回収できるのかという問いに対しては、「すべて回収できる。 時間をかけて信用回復を行えると思う。」「民営化計画に関しては、2017年まで時間がある。 我々は納税者のために価値を最大化しなければならない。」と締めくくった。


ソース

De Guindos prevé que los salarios crezcan cerca del 1,5% de media entre 2016 y 2018 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。