otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カタルーニャ州分離独立問題、独立反対派が賛成派を上回る。

|


バルセロナに本社のあるラ・バングアルディア紙が、カタルーニャ州の分離独立に関するアンケートを行った結果によると、47.9%が独立に「反対」と答えた事が分かった。


2014年12月に行われた、同様のアンケートでは、47.4%が独立を支持していた。

今回行われたアンケートは、4月27日から29日にカタルーニャ州市民1000人を対象に行われた。 このうち79.1%は、カタルーニャ州が独立をするかどうかという決定を行えるための改憲に賛成と答えている。


アルトゥール・マス・カタルーニャ州知事と、カタルーニャ共和主義党のジュンケラス党首が発表しているロードマップに対して49.2%が反対、40%が賛成。


61.3%は、カタルーニャ州が分離独立するためには、憲法改正が必要であると考えており、29%は次の投票で過半数を取れば、カタルーニャ州は独立するには十分であると考えている。


19.2%は分離独立のプロセスを交渉するためには絶対多数が必要であると考えており、24.4%は、68議席を得る必要があると答え、43%は、3分の2の議席数を獲得しなければならないと考えている。


57.1%は、現在の問題を解決するためには連邦国家にすべきだという意見に「反対」 35.5%は連邦国家にする事により、問題解決すると考えている。


71.6%は現在の憲法は今の国家状況に即していないと考え、21%は即してはいるが、解釈を変えるべきだ、と答えている。 5.5%は絶対的に適切だ、と答えた。


ソース

El "no" a la independencia en Catalunya supera al "sí" por cuatro puntos 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。