otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

安倍晋三首相は29日、米上下両院の合同会議で日本の首相として初めて演説を行った。 

|

安倍晋三首相は29日、米上下両院の合同会議で日本の首相として初めて演説を行った。 この演説の中で、第二次世界大戦について「Deep repentance (Profundo arrepentimiento) 深い悔悟」と語った。


安倍首相は北米を公式訪問し、米上下両院の演説は最も象徴的な時間となった。 第二次世界大戦中敵対していた両国が、公式訪問中東京とワシントンで同盟国としての地位を示した。 


フランクリン・ルーズベルトが、真珠湾攻撃を受け日本に対する宣戦布告を行った同じ演台から、安倍首相は「Deep repentance(Profundo arrepentimiento)深い悔悟」と紛争の責任について言及した。 


この点で、首相は個人的にはっきりと戦争責任について謝罪をさけ、歴代首相の立場を引き継ぐにとどまった。


また首相はいわゆる”Mujeres de Comfort 従軍慰安婦”に対しての言及を避けた。 しかしながら、「女性は戦争による紛争で常に苦しんでいる。」と女性の人権侵害に関して言及をした。


今回の公式訪問で、北米と日本は、中国との領土問題を含めたアジア全体の領土に対して、防衛に関する軍事協力の新たなロードマップに合意した。


中国へのメッセージ

また首相はこの演説の中で、中国に対して「国家の利益を守るために、武力や強要を行使するべきではなく、紛争解決の手段として平和的な交渉を呼びかけた。」


ソース

Abe expresa el "profundo arrepentimiento" de Japón en la Segunda Guerra Mundial

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。