otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 武器密輸で7名逮捕

|

スペイン治安警察は、銃器コントロール総合計画(PICAF)の一環のTARONJA作戦で、海外で再使用可能を想定して、使用不可能に改造した武器をインターネット等を経由して購入したスペイン在住の市民7名を逮捕したことを明らかにした。


これは、そのままでは武器として機能しないが、改造をすることにより普通の武器として使用できることを想定して改造を施した武器を、インターネット等を介して購入したとして、スペインのビスカヤ、ナバラ、カンタブリア、ブルゴス、バルセロナ、セビリア、カディス、コルドバ、ラス・パルマスに住んでいる市民を武器密輸の疑いで7名を逮捕したと発表した。


組織のメンバーは、海外であとで改造して発砲できるようにした銃器(アサルトライフや、短機関銃等)を郵便小包で違法にスペインに郵送していた。 アリカンテで逮捕された容疑者の自宅のガレージには豊富な機械工具が見つかり、武器の修理のための設備が整っていた。


今回の逮捕で押収されたものは


アサルトライフル 11丁

サブマシンガン 14丁

拳銃 15丁

リボルバー拳銃 22丁

小銃・カービン銃 15丁

フロベルト拳銃 9丁

フロベルトライフル 1丁

マズルローダー拳銃 9丁

マズルローダーライフル 1丁

散弾銃 1丁

散弾銃の銃身 1個

拳銃のトリガー1個

サイレンサー 4個

様々な口径の銃弾21,000発

火薬 11.5キロ

改造前の銃器 60丁

改造銃器を直すための多くのパーツ

コンピューター、ドキュメント


ソース

La Guardia Civil desarticula una red de tráfico de armas 


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。