otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

オレグ・ナイデノフから毎時5から10リットルの油流出が確認される。

|

スペイン・カナリアス諸島のラスパルマス港で火災を起こしたロシア船籍オレグ・ナイデノフ号を、延焼の恐れがあるため沖合までえい航、マスパロマス沖約24キロの海域に沈没させ、海底約2.700メートル地点まで沈んだ。 この度、無人潜水調査艇で同漁船を調査したところ、毎時5リットルから10リットルの油が流出していることが確認されたと、アナ・パストール勧業相が発表した。


このロシア船籍漁船から現在大量の油が流出しており、スペイン製衛星Deimos-2の撮影した画像によると、マスパロマスから南西方向に約95Kmの海域まで汚染されていることが確認できる。


また、マスパロマスと同じ島にある、ベネグエラ(Veneguera)の浜で、合計25キログラムの油を回収した。 


勧業大臣はカナリアス諸島周辺の油流出事故に対して非常事態レベル2を発動、これにより更なる専門家、技術者が投入され、スペイン気象庁らも協力をして事態の収拾を図る。


関連記事


マスパロマス沖 ロシア漁船沈没

ロシア漁船 “Oleg Naydenov”号沈没後、大量の燃料が流出

グランカナリア海洋汚染、調査続行


ソース

El Oleg Naydenov vierte de 5 a 10 litros de fuel/hora


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。