otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペインの研究者らは、黄斑変性症による出血を薬の服用で抑える、止血剤の試験を行う。

|


ディア・ピオ12世病院の眼科医のチームは、Etamsilatoの有効性を実証するため、臨床試験を開始している。 DMAEとして知られる、加齢黄斑変性に対する治療のため、液状の薬剤の研究を行う。


セルビメディアが明かした情報によると、この眼科医のチームは現在臨床試験を受けてくれる患者を募集しており、この止血剤による加齢黄斑変性の進行を食い止め、患者の視力の回復する期待がもたれている。


同情報筋によると、今のところこの加齢黄斑変性に対する唯一の治療方法は、眼球に止血剤を注射することだけだ。


したがって、このEtamsilatoの効果が実証されれば、この治療方法にDMAEとの2種類の治療方法を持つことが出来る。


専門家は新薬剤の服用は、阻害薬の眼内注入と同じくDMAEの治療には有効だと指摘している。


この研究結果が良好であれば、マドリッドにあるこのディア・ピオ12世病院で治療が開始される。 現在のところこの臨床試験を同病院で行っているのは80人程度、12から15か月の臨床試験期間を要する。


もしこの臨床試験を行っても用意という人がいれば、91 420 14 94に連絡をし、臨床試験を受けられるかどうかのテストを同病院で行う必要がある。


加齢黄斑変性症というのは、眼底の網膜の中心が、加齢によって新しい血管が出来る病気のことを言う。 新しくできる血管は未熟なため強い水漏れや出血を引き起し、視力が著しく下がる。


同病院の情報によるとスペインの障碍者の16%がこの症状に悩まされている。


ソース

Investigadores españoles prueban un antihemorrágico para "parar" la degeneración macular con una sola dosis


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。