otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

マドリード裁判所、サルバドール・ダリの非嫡出子の申し立ての調査へ

|


マドリード裁判所は、カタルーニャ州出身のマリア・ピラール・Aさんが、フィゲーラス出身の芸術家、サルバドール・ダリの娘であるという申し立ての手続きを承認した。 これにより、裁判所はマリアさんのDNA検査が行われ、相続人になりうるかの判断がなされる。


裁判所は、マリアさんから提出された証拠を検証、20日以内にダリ財団、検察当局等の組織は回答を出さなければならない。


今回の申し立てを行ったマリアさんの説明によると、サルバドール・ダリとポルト・リガルト(Port Lligart)に住んでいた画家との間に1956年2月1日に生まれた。 二人の関係は、初めは友情の関係であったが、徐々に愛情に変わっていったと説明。


ソース

Un Juzgado de Madrid investigará la demanda de una presunta hija ilegítima de Salvador Dalí


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。