otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン検事総長 元経済・競争力大臣ロドリゴ・ラトを上訴する予定。 

|



4月20日月曜日にマドリード裁判所命令第31号、担当裁判官アントニオ・セラノ・アルタル裁判官が連邦最高裁判所のフェルナンド・アンドレウ裁判官の決定により、元経済・競争力大臣ロドリゴ・ラト氏の「タルヘタ・ブラック」事件に関する捜査を停止した。 これを受けスペイン検事総長コンスエロ・マドリガル氏は捜査を続けるため上訴する意向だ。


元経済・競争力大臣で、IMF専務理事も務めたロドリゴ・ラト氏は、バンキア銀行のインサイダー取引や、出どころが不明なお金を引き出すことが出来たクレジットカード「タルヘタ・ブラック」、脱税、マネーロンダリング等の嫌疑がかかっている。 


検事総長は、「タルヘタ・ブラック」事件と、ラト氏個人の脱税に何らかの関連性があり、十分な根拠があると主張、タルヘタ・ブラック事件の調査を再開するために明日もしくは明後日に上訴する予定だ。


ソース

Anticorrupción prevé recurrir la inhibición del juzgado de Madrid en la investigación a Rato

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。