otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナの学校でクロスボウを使い教師を殺害した疑いで学生を逮捕。

|


モススダエスクアドロ自治州警察は現地時間4月20日月曜日9時頃バルセロナのサン・アンドレウ地区にあるジョアン・フステル学校で、自作クロスボウを使い教師を殺害した疑いで学生一人を逮捕した。


ヨーロッパプレスが伝えた情報によると、13歳学生がクロスボウを使用し、教師を殺害、他にも教師一名が負傷、数人の学生も負傷したと伝えた。  逮捕されたのは、中等義務教育(Educacion Secundaria Obligatoria)2年目の学生13歳だった。


逮捕された学生は14歳未満なので、起訴されない。


同高校の入り口にいた警察官の情報によると、犯人は未成年者であるので、逮捕ではなく実際には「身元の確認」が行われた。


事件は20日朝一限目に起こり、クラスに遅れてきた学生がドアをノック。 それを聞いた女性教師がドアを開けると、学生がクロスボウを取り出し教師の顔の近くをめがけて何発か発射。 目撃証言によると、同じ教室にいたこの教師の娘に対してもクロスボウを発射したと語っている。

この学生は他のクラスにも侵入し、ナイフを振り回して暴れた。


病院の情報によると、4人が軽傷を負った。そのうち一人は、胸部に傷を負っており、サンパウ病院に搬送されている。


避難した学生は「私たちの先生は、叫び声が聞こえたので、何が起きたかを見に行きました。 その後すぐに私たちを非難させました。 私たちは床に血だらけで横たわっている先生を見ました。」と語った。


事件を起こした学生の同級生によると、「彼はブラックリストを作っていた。」と語った。 


また、何人かの同級生も同じく、今回の事件は計画されて起きたものだと指摘しているが、そのリストは冗談だと思ったと語っている。 この犯罪に使われたクロスボウは彼自身が作ったものと言われている。


ソース

Detenido un alumno por la muerte de un profesor en un instituto de Barcelona 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。