otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

運転免許の筆記試験にスパイ機器を使いカンニング スペイン・パルマ

|


スペイン治安警察パルマ交通局の発表によると、4月15日に行われた運転免許の筆記試験において、外国人男性43歳Y.X(イニシャル)さんが、スパイ用の道具を使用して試験の答えを不正に得ていた事が明らかになった。


この男性は、試験前に44歳男性W.CH(イニシャル)容疑者より試験のカンニングを持ちかけられ、前金として2000ユーロを受け取った。 W.CH容疑者はY.Xさんに小さなカメラが付いたジャケット、wifi受信装置、受信機が付いたボールペン、携帯電話、バイブレーターとビープ音が鳴るデバイスを渡し、ジャケットに付いているカメラから送られてくる映像を元に、正しい答えを教えていた。  警察の調べによると、W.CH容疑者はバレンシアからこの違法行為を行うためにパルマにやってきた事が分かっている。 現在W.CH容疑者は逮捕され、カンニングに使用された機材は押収されている。


ソース

Sorprendido copiando con un "kit de espía" en un examen de conducir

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。