otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

偽スペイン人少林寺僧 殺人容疑で40年から45年を求刑。

|


ホアン・カルロス・アギラール(Juan Carlos Aguilar:49歳)”偽少林寺の僧”は2013年5月と6月にイエニ・ソフィア・レボリョ(Yenny Sofia Rebollo)とマウリーン・アダ・トゥヤ(Maureen Ada Otuya)ら二人をビルバオで殺害した容疑逮捕され、現地時間4月17日金曜日、ビスカヤの州裁判所で裁判が始まる予定。 検察は合計40年から45年を求刑する模様。


アギラール容疑者は、2013年6月2日にMaximo Agirre通りの近隣住民が、容疑者の経営するジムのドア付近で女性が助けを求めているのを発見、警察に通報し逮捕された。   


警察が事務に侵入した際、被害者は寝室にいた。 当時、容疑者から受けたと思われる殴打により意識がなかった。 容疑者も同室にいて、手は血だらけだった。 


殺害されたマリーン・アダ・オトゥヤ(29歳:ナイジェリア国籍)は、身動きが取れないように縛られていた。 発見後すぐに病院に搬送されたが、同年6月5日に息を引き取った。 警察が捜査を進めていくうちに、ジムと、容疑者の自宅からバラバラ死体が発見された。 被害者はコロンビア国籍のイエニ・ソフィア・レボリョ(40歳)だった。


検察は、一人につき殺人の容疑で20年を求刑、賠償金として286,000ユーロの支払いを求めた。


具体的には、イエニ・ソフィア・レボリョさんの息子アイマル・マルティネス・レボリョさんに100,000ユーロの支払、父親サンティアゴ・レボリョ・トゥイランさんに100,000ユーロ、母親ベニシア・レボリョ・ハラバさんに9,800ユーロ、マリーン・アダ・オトゥヤさんの父親に77,000ユーロの賠償金を求めた。


クララ・カンポアモル検察官はイエニ・ソフィア・レボリョさん殺害に20年を求刑、マウリーン・アダ・トゥヤさんの殺害に25年を求刑。


ソース

Piden entre 40 y 45 años de prisión para el 'falso Shaolín' 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。