otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

FCバルセロナ、アンドレス・イニエスタ 仙腸関節に強い打撲。 BBVAリーグ第32週のバレンシア戦には出場可能。

|


FCバルセロナ、アンドレス・イニエスタ選手は、水曜日に行われたチャンピオンズリーグのPSG戦(1-3)で仙腸関節(骨盤部分にある関節)に強い打撲を受けていたことが分かった。 医師の診断によると、BBVAリーグ第32週の対バレンシア戦には出場が可能と発表。


バルサの専属医師によると、現地時間4月16日にイニエスタ選手を診断、仙腸関節部分に激しい打撲を負っているものの、深刻な怪我ではないと発表。


PSGとの試合中、53分にイニエスタ選手はハビエル・パストーレ選手より激しいチャージを受け、チャビ・ヘルナンデス選手と交代を余儀なくされていた。


他の選手たちは、土曜日に行われる予定のリーガ、バレンシア戦に備えるため、パリ滞在中に簡単なリカバリ・セッションを行っていた。


バルサのDFジョルディ・アルバ選手もPSG戦で軽い打撲を受けていた。


ダニエウ・アウヴェス選手は通常のトレーニングに復帰するが、医師から右足首の捻挫の怪我の完治は未だ告知されていない。



ソース

Iniesta sólo sufre una fuerte contusión 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。