otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

70歳男性立て籠もり犯死亡 サラゴサ

|


スペイン治安警察(グアルディア・シビル)によると、昨日4月15日夕方より自宅で立て籠もっていた70歳男性を説得しようとしたところ、猟銃を発砲、警察はこれに応戦し、男性を射殺した。


立て籠もっていた男性は年齢が70歳。 サラゴサでバルを家族と経営していた。 4月15日夕方、サラゴサのエヘア・デ・ロス・カバジェロスで、この男性の娘の彼氏(50)に対し持っていたショットガンで発砲。すぐサラゴサ・ホスピタル・クリニックの集中治療室に運ばれた。 現在治療中。 その後、彼は自宅に近づいてきた警官に対して発砲、幸いにも警官は防弾チョッキを着用していた。 その後、警察は夜中じゅう男性を説得していたが、結果は得られず。 そこで再度16日朝8時頃説得を試みた。 結局警察は男性の自宅に突入を決断、銃撃戦になり、警官1人が手に重傷を負い、サラゴサのミグエル・セルベット病院に搬送され、立て籠もっていた男性は警官に撃たれその場で死亡した。 


この男性を知る近所の人々は、男性を「普通の人」と語り、今回の事件に衝撃を受けている。 


死亡した男性には3人の娘がおり、今回事件に巻き込まれた彼氏はその中の一人の娘と付き合っていた。 彼女は離婚経験があり、裁判所より前夫への接近禁止命令を受けていた。



ソース

Muere el hombre que se atrincheró en su casa en Ejea en un tiroteo con la Guardia Civil 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。