otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ワールド・セービング・アンド・リテイル・バンキング研究所(WSBI)局長 支払方法の更新を提案

|


ワールド・セービング・アンド・リテイル・バンキング研究所(WSBI)のクリス・デ・ノース局長は支払いの形態に関して、銀行は変わるか、滅びるかだと語り、支払いの方法の革新際し、司法当局の法整備を求めた。


世界約50か国、100以上の銀行が参加した、カイシャ・バンクとWSBIが主催した国際会議、バルセロナのカイシャ・フォーラムで行われた”イノベーション・イン・ペイメンツ”(支払方法の革新)の閉会演説中にこのように語った。


また局長は「私たちを少しだけ自由にしてください。 少しの間違いを許してください。 津波(金融危機)を生き抜いた私たちに、更なる規制を課さないでください。」と続けた。


ノース局長は、この変化の時代において、業界の資産の一つは顧客であるとし、ユーザーの信頼回復を奨励した。


また、WSBIは今回の国際会議の開催にあたって、カイシャ・バンクのサポートに感謝をし、来年も主催したいとの旨を表明した。


今回の国際会議では、お財布ケータイ、P2Pを使用した支払い、E-財布(仮想通貨)、電子商取引のアプリなどの新技術を紹介。 


また、ビッグデータを金融部門に活用するためのアプリケーションや、ビジネスへの実装についての議論があった。


研究の報告者は、欧州中央銀行、セカバンク、ドイツ貯蓄銀行協会、インディペンデント・コミュニティ・バンカーズオブアメリカ、さらに住友(日本)、スウェドバンク(スウェーデン)、SNS銀行(オランダ)、アクティフバンク(トルコ)、バンク・オブ・イーストアジア(香港)、AFB(南アフリカ)、バンコ・エスタード(チリ)、HFCバンク(ガーナ)等の重役も参加していた。 


支払いに関する主要企業、VISA、ペイパル、グローバル・ペイメンツ、Le Compte Nickel、Cignif、Swift、MyBankも参加していた。


ソース

El sector bancario mundial se propone renovar los medios de pago


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。