otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

青少年保障期間29歳まで延長へ

|

青少年保障とは、2013年二月から発効された、24歳以下の青少年の雇用拡大を目的とした職業訓練サービスを行う枠組。 この保障の枠組みに登録をすれば、職業訓練のサービスを受けたり、求人情報を受け取ることが出来る。 外国人である場合、スペイン国内の労働ビザを持ち、16歳以上24歳(29歳)以下であれば登録が出来るが、幾つかの条件がある。 


スペイン国内に住民登録をしている。


30日間仕事をしていない。


一か月40時間以上の教育を90日以上受けていない。


一か月40時開場の訓練を30日以上受けていない。


等の条件をクリアーすれば、この保障システムのサービスを受けることが出来る。


政府が発表した報告書によると、2013年第2四半期の16歳から24歳までの失業率が56.1%と欧州平均の23%と比べ大幅に上回っていた。 同時期のドイツでは、7.7%で失業率が一番低く、ギリシャが59%一番高かった。


ソース

Empleo y las CC.AA. acuerdan elevar hasta los 29 años la edad de los beneficiarios de la Garantía Juvenil

Plan nacional de implantación de la garantía juvenil en España (PDF)

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。