otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

公共医療サービスの民営化急先鋒のボイ・ルイス・カタルーニャ厚生相、ほぼすべての党から爪弾き。

|


カタルーニャ共和主義左翼(ERC)と、集中と統一(CIU)つまり与党以外の議会関係者全員が、ボイ・ルイス厚生相のカタルーニャ州における医療制度の方針に抗議する形で、解任させる方向だ。


ルイス厚生相は、公立病院の民営化や、カルテの私立病院への販売等を行い、医療費削減を目標に、医療サービスの民営化を行ってきた。 これに対し、PSCヌリア・セグ、ICV-EUiAマルタ・リバス、Csのカルメン・ペレス、CUPのイザベル・バレットらは州政府に対し、再三にわたってルイス氏を非難してきた。


CUPのバレット議員は、ボイ・ルイス氏を議会から追放する予定であるが、PSCのマリア・ジェリ議員は、現在病院の救急病棟が崩壊していることに関して討論を行うのであれば、残留を認めると語った。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。