otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン人は長期旅行を3か月前から予約する 予約ポータルサイト「アトラパロ」調べ

|

予約ポータルサイト「アトラパロ」の調査によると、同社のサイトで6月からの長期旅行を企画するスペイン人の51%は三か月前までに予約を済ませていることが分かった。


同社の旅行部門のプロダクトマネージャー、サンドラ・ゴンサレス女史は、「直前に予約をすると30%割高になるのが影響している、もちろん空室状況や、空席状況なども影響はしているが。」と語った。


ここ六年、経済危機がスペインを襲ってから、旅行者たちは経済的な不安により、前もって旅行をプランニングできなかった。 しかし今日、その不安が払拭され、前もって旅行の予約ができるようになった。 アトラパロによると、人気の旅行先は

ベトナム、北米、インド等。続いて、タイ、中国、日本が続き、次いでカナダ、インドネシア、ポリネシア、南アメリカ等が続く。


データによると、新しい旅行先にオーストラリア、ニュージーランド、ミャンマー、南アフリカ、モーリシャス、グアテマラ、チリ、モンゴル等があがっている。


ソース

Los españoles reservan viajes largos tres meses antes, según Atrápalo

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。