otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

​PSOE議員、欧州議会議員で元法務大臣のフアン・フェルナンド・ロペス・アギラール氏、DVで検察に起訴される。

|

家庭内暴力の疑いで最高裁判所に証人喚問を要請されたアギラール氏の元妻ナタリア・デ・ラ・ヌエスは、ヴァニティフェアのインタビューで、「彼はとても悩んでいて、彼に同情していた。」と語った。 また、今回の起訴に関して、彼女、彼女の家族は全く関係ないと語った。


今回アギラール氏の家庭内暴力が発覚した経緯は、元妻ナタリアが自宅で2回小火騒ぎを起こしたことによる。 1度目は彼女が一人で自宅にいた時に、油をフライパンに敷いて、火にかけながら寝てしまった。 2度目は彼女の未成年の息子2人が自宅にいた。 二度とも消防隊員及び警察が現場検証に訪れた。 ここで、警察が近隣住民に、ナタリア女史について聞き込み調査を行ったところ、アギラール氏の家庭内暴力が発覚した。


近隣住民の証言によると、アギラール氏のどなる声や、壁などを強くたたく騒音を聞いたとし、本日行われた証人喚問で、女史はこの事実を肯定した。 


ラ・ヌエバ・エスパーニャ紙が伝えたところによると、女史は「私は意地悪ではないし、復讐を望んでいません。 すべては、たまたまで、原因は自宅での小火が原因です。」「裁判内で、裁判官が「デブ、能無し、俺は胸の大きな女が好きなんだ、といったのは事実ですか」と聞かれたとき、とても恥ずかしい思いをした。」と語った。


ソース

La exmujer de Aguilar: "Juan es un narciso, sin empatía"

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。