otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

14歳の女の子、学校に行きたくないという理由で、狂言誘拐 スペイン コルーニャ

|


ラ・コルーニャ在住の女の子14歳が、学校をずる休みした理由を、「誘拐されかけた」と嘘をついていたことが地元紙ラ・ボス・デ・ガリシア(la voz de Galicia)の報道で明らかになった。


この偽の被害届は昨日のお昼頃、この女の子が警察当局に直接届け出たものだが、虚偽申告であることが分かった。 同紙によると、彼女のボーイフレンドと一緒に居たために、学校の授業に出ることが出来ず、周囲に2人の関係が明るみになるのを避けたかった女の子が警察に嘘の届け出を行った。


被害届には、女の子が銃のようなもので脅され、ライトバンに無理やり押し込まれたが、隙を見て逃げ出した、と書かれていた。 


ソース

Una menor de 14 años se inventa un intento de secuestro para ocultar que no fue a clase 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。