otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

第2のブラックボックスの解析によると、副操縦士は早く墜落させようと試みていた模様。 ジャーマンウィングス航空機事故。

|


ジャーマンウィングス航空機事故で、副操縦士が故意に旅客機を墜落させようと試みたと思われている件で、第二のブラックボックスが発見され、フランスの事故分析担当局BEAが発表した情報によると、アンドレアス・ルビッツ副操縦士は、数回にわたって墜落させるような、設定の変更を行っていたとこが明らかになった。


BEAによると、研究員がフライト・データー・レコーダーの分析を行った結果、自動操縦を使い、航空機を100フィートまで下げるように設定したと発表。 その後、下降速度を増大させるため、副操縦士が何度か設定を変更していたことが分かった。


マルセイユ検察当局は、アンドレアス・ルビッツ副操縦士を故意に墜落させたとして捜査を進めている。


ソース

Lubitz accionó varias veces los mandos para descender más rápido 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。