otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ、バルビッチェ病院、新たに3つの階を閉鎖。

|


バルセロナのバルビッチェ病院は、同病院の救急病棟の崩壊を受け、医療サービスの立て直しを図るため、新たに3つの階を閉鎖した。


バルビッチェ病院院長によると、このイースター休日に患者数が少なくなるタイミングで閉鎖を決定した。 閉鎖が決定された階は、7.3,11.2,15の三つ。


この決定がなされたにもかかわらず、病院には緊急入院が必要とされた120名の患者が新たに搬送されている。 


当病院が受け持つ地域には、200万人が住んでおり、持続可能な診療を実現するために、現在専門医が不足する中で、3つの階を閉鎖する事を決定した。


バルビッチェ病院は、優良病院20のうち3位にランク付けされているが、病床数の削減にあえいでいる。  同病院の病床数は、2010年には768床あったが、2013年には400床と368床減少した。  これにより、病院の待ち時間が増えてしまった。


病床の削減により、今度は人員削減を行う予定で、同病院は何年も働いた従業員の労働契約の更新を行わない予定だ。


ソース

Nuevo cierre de plantas en Bellvitge

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。