otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

リーガエスパニョーラ、レアルとバルサで全体の債務の27.8%

|


リーガは2013年-14年シーズンの財務報告を行った。 その中で、全体の債務は2012年以降、5億5800万ユーロ減少してはいるが、一部リーグと二部リーグを合わせた債務は未だに27億5700万ユーロあるとし、そのうち7億6700万ユーロは、レアルマドリードとFCバルセロナの債務で、全体の27.8%に及ぶ。 二年前のデータでは、全体の債務は33億1500万ユーロ、レアルとバルサの債務は8億8400万ユーロであった。 リーガのハビエル・テーベ会長は、これらの数字には一定の改善がみられるものの、未だに大きな問題が残っていると語った。


リーガは、2013年に2014年の債務の目標値を24億ユーロに設定、また、2017年度には20億にまで減らす目標を立てていた。 


リーガの収益に関して、昨シーズンは23億2800万ユーロを売り上げた。 年率5.4%の成長率だ。 スペインを経済危機が襲っていたにもかかわらず、2年間に2億3100万ユーロも上昇した。 


報告書によると、この成功には2つの要素があるとし、放映権が8億4400万ユーロまで上げることが出来た事と、選手の売却が92.3%増えたこと(2億6800万ユーロ)と公表した。


また、各クラブチームも、支出を抑える努力を行い、2.7%減少した。 テーベ会長は、「スペインサッカーは、持続可能な成長を達成するための道が開き始めた。」と語った。


ソース

Madrid y Barcelona acumulan el 27,8% de la deuda de La Liga

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。