otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

トレドに火球が確認される。

|

小惑星からはがれた岩石によって形成されたと思われる火球が、3月30日トレド上空26キロで確認された。


ラ・ヒタ(La Hita )に天文観測所を所有するウエルバ大学が発見した火球は、朝4時39分頃トレドのLa Puebla de Almoradiel(ラ・プエブラ・デアルモラディエル)の方向へ強烈な光を発しながら燃え尽きた。 アストロイタ財団の記者会見によると、トレドのエスピノッソ・デル・レイ上空85キロから大気圏に突入したと発表した。


火球は、時速4万5千キロの速さで大気圏に突入し、北東方向に飛んでいった。 上空26キロ当たりで燃え尽きた模様



ソース

Una bola de fuego sobrevuela la provincia de Toledo

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。