otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナのバイ・デ・ヘブロン病院、顔面移植成功。

|

バルセロナのバイ・デ・ヘブロン病院は、2回目の顔面移植に成功したと発表した。 患者は約20年間にわたり、腫瘍血管により顔面組織が崩れていくという症状で、視覚喪失、声帯への影響、出血などで、命に危険があった。


手術は27時間に及び、患者の主要は全て取り除かれた。 また、顔面の下部3分の2、首、口、舌、咽頭の移植が行われた。


整形外科長ジョアン・ペレ・バレット医師は、「手術は極めて危険で、死と隣り合わせのオペであった。」と語り、出血などの原因であった顔と首の動脈の腫瘍の切除を行ったと発表。


患者はスペイン国籍を保有しているが、それ以上の個人情報に関しては伏せられている。


バレット医師は、動静脈の大規模な腫瘍切除、及び顔面移植は世界初であると発表し、「現在患者は順調に回復しており、現在自宅にて話すことも、液体を飲み込むこともできる。 しかし、それでも回復には長い時間を要するだろう。」と語った。


またバレット医師は「顔面は重要臓器などと違い、激しい拒絶反応の恐れはないだろう。ただ、赤みや晴れなどの反応は起こるが、それでも患者に対する危険はない」と語った。


ドナーコーディネーターのテレサ・ポン氏は移植提供者に関して、「無条件で寛大で、最後まで他人に分け与えることのできる人物。」と形容した。 

彼の家族はマスクで彼の顔を再建することを受け入れている。 彼の顔面の組織を切除するのに約4時間かかった。とポン氏。



リンク先に血管腫瘍の3Dイメージがあります。 (若干閲覧注意)

ソース

Vall d'Hebron realiza su segundo trasplante de cara a un paciente con una grave deformación

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。