otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

大麻栽培中にアパートで爆発事故

|

先週金曜日、バダロナ(バルセロナ)の、あるアパート(ピソ)で爆発事故が発生し、3人が負傷、そのうち2人が重度のやけどを負った。 彼らは、自宅で液化ガスを使用して大麻を栽培しており、それが引火し爆発事故が起こったものと見られている。


カタルーニャ州自治州警察モスズ・ダスクアドラの情報によると、彼ら3人を違法薬物製造販売したとして逮捕。 彼らのうち二人は恋人で、アパートに住んでおり、もう一人は彼らの友人だった。 同アパートには100鉢に及ぶ大麻が栽培されていた。


この3人のうち重度のやけどを負った二人は、爆発当時、キッチンにてインターネット上で見つけた、ライター用の液化ガス11本を用いて大麻を栽培するというマニュアルに従って作業を行っていた。


恋人の女性は、爆発の瞬間ダイニングにいて直接爆発に巻き込まれず、軽度の火傷で済んだ。 


アントニ・ボテイ通り86番で起こったこの事故で、現在重度のやけどを負った二人は病院に入院中で、回復するまで逮捕が保留されている。


爆発は13時頃発生し、アパートの2階を巻き込んだ。 該当ブロックの住民全員を非難させる必要があった。 また、爆発の勢いで、窓ガラスが吹き飛び、建物の構造部分に影響を与えた。


ソース

La explosión en un piso de Badalona fue causada por fabricar hachís

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。