otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

15%の高齢者が何らかの精神病を患っている。 スペイン

|


 アグルパシオ財団とペレ・タレス財団主催の「老後を如何にして豊かに過ごすか」という講演会にて、バルセロナのバイ・デ・ヘブロン病院内科医院長のミゲル・ビラルデル医師が「全体の15%の高齢者が、何らかの精神病を患っており、主に不安やストレスに苦しんでいる。」と発表した。

 

「一方で人生の希望は87歳まであるといわれ、もう一方で、人々は50歳で早期定年退職している。彼らは退職した後も長い人生が待っている。」と語り、この状況に対し、「大切なのは、生活リズムの変化を管理し、受け入れていくことだ。」と付け加え、老後は健康の問題や、障害が多くなると語った。

 

セラピストのマヌエラ・イエルベス療法士は、高齢者は悲しいプロセスを生きていると分析、「不安、ストレス、恐怖、無関心が付きまとう。 人々はそのような状況の人々を、意気地のない、臆病者と見てしまう。 この様な人々には、人と話したり、何かの活動を行うことを勧める。」と語り、「最高の解毒剤は、社会と接することだ。」と付け加えた。

 

ソース元

Un 15% de ancianos padece algún tipo de trastorno mental 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。