otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

アンドレアス・ルビッツ うつ病を抱えていた可能性

|

ndresavion61883.png

フランスの検察は、ブラックボックスに保存されてあった音声データを解析、トイレに行くため操縦室を出た機長を締め出し、故意に旅客機を墜落させたとみているが、その理由が分からなかった。


BILD紙が得た情報によると、ルビッツ氏は1年半にわたって精神科の治療を受けていた。 また、ドイツ当局は重要な情報を精査後、フランス当局に渡す予定。


ルフトハンザ航空会社のスポークスマンは、社の従業員に関する精神状態等に関する情報は公開しないと語った。


ソース元

El copiloto Andreas Lubitz sufrió un "grave episodio depresivo" hace seis años

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。