otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

自治州は、C型肝炎のための国家戦略に青信号

|


自治州は、スペイン国内のC型肝炎に感染している患者5万2千人に対して、新薬を含む新しい治療法とその治療費に関する国家戦略計画を承認した。


保健社会政策・男女共生省のアルフォンソ・アロンソ大臣は、国民健康構造協議会(Consejo Interterritorial del Sistema Nacional de Salud:CISNS)の会議後、「私たちは現在直面している問題に対し、解決に近づいている。」と語った。


本計画は、病院の基準により、C型肝炎に感染しているとされる全ての患者が、資金調達の問題なく治療を受けるようにするものだと、大臣は発表した。


このために、政府は様々な契約を製薬会社と結び、支出限度額を7億2700万ユーロに固定した。 これにより、患者数が増えるにしたがって、一人当たりの治療費に使われる薬の値段が安くなる仕組みだ。


さらに、財務省はこれらの治療に使われる新薬の支払いを可能にするために、10年の融資を提案する為、4月20日に自治州と会議を行う予定だ。


ソース元

Luz verde de todas las CCAA al Plan Nacional contra la hepatitis C

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。