otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

操縦室のドアはどのように管理されているのか。 

|

フランスのマルセーユ検察当局が発表したところによると、150人の犠牲者を出したジャーマンウィングス航空機事故で、アンドレス・ルビッツ(Andreas Lubitz)副操縦士が、機長の操縦室へのアクセスを拒んだ。 そして、副操縦士はそのまま高度を下げ、アルプス山脈に墜落したと発表した。 英紙ガーディアンによると、エアバスA320のコックピットにアクセスする方法は3種類。 



-コックピットからいつでもドアを開けることが出来る。

-搭乗員は、暗証番号を入力すればドアを開錠できる。 コックピット内にいるパイロットたちは、5分間の間に手動でこの開錠をキャンセルできる。

-電気的な事故が起きた場合、コックピットのドアは自動的に開錠される。 しかしドアは閉まったままで、ドアノブが操縦席にしかないので、中からしか開けることが出来ない。

(ヨーロッパプレス)


奥に操縦室へアクセスできるドアがあります。

1_6





ドアスコープももちろん完備

2_5





ドアの近くには暗証番号を入力する装置

3




操縦室内にあるドアのスイッチ

4_2






通常のドア開錠方法

5




「のどが渇いた。 何か飲まないかい?」

6






キャビンアテンダント(CA)に水とコップ二つを注文。

7






ここで、CAはドアを叩いてはいけません。 機内電話でまず連絡。

8




そして、ハッシュ(シャープ)を押して、コックピットの呼び鈴を鳴らします。 呼び鈴は3秒間鳴ります。

9





ドアのスイッチを押し込むようにして前に。

10






緑のライトが付きました。

11





コックピットへ

12



スイッチを真ん中に戻します。

13






無事、水をゲットできました。

14







次はドアのロック。

15





CAがドアをノックします。

16





いつもの手順ではないので、操縦士たちは「ん?」といぶかし気。

17





CAは「間違えたぁ」。

18




すかさず、操縦士はドアをロックします。

19





赤いライトが付き、ドアがロックされました。

20






CAはここで機内電話で操縦士に連絡。「すいません、間違えました。 大丈夫かどうか聞きたかっただけです。」と謝罪。

21





「OK いまドアを開けるよ。」

22





スイッチを操作して、

13






緑のライトが付き、

23







無事コックピット内に入ることが出来ました。

24







次は緊急事態

25





コックピットに入りたいので、いつも通りまず機内電話でコックピット内に連絡を取ります。

26





コックピット内では操縦士が気を失っている、もしくは反応が出来ない状態。

28






CAは反応がないので、呼び鈴を鳴らします。

27





それでも反応がないので、もう一度機内電話で連絡を試みます。

29






やはり反応がありません。

30






ここで、緊急用暗証番号を入力。

31






緑のライトが今度は「点滅」し、30秒間ブザー音が鳴り響きます。

32





もちろんコックピット内のブザーも鳴ります。

33




ドアのスイッチも「OPEN」と「FAULT」が同時に「点滅」する状態に。

36





コックピット内から何のアクションもない場合、自動的にドアが開きます。

37




CAが無事コックピット内に入ることが出来ました。

38



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。