otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

フランス、マルセーユ検察当局、副操縦士は旅客機を破壊する意図があった。

|

フランス、マルセーユ検察当局は、ジャーマンウィングス航空機事故の原因究明を急いでいる。 当局は副操縦士の名前をAndreas lubitzと発表。


副操縦士は、機長がトイレから帰って来たとき、操縦室の外にいるにもかかわらず、ドアを開けなかったとし、旅客機を破壊する意図があったと発表した。


当局によると、旅客機が地面に衝突する直前まで、副機長の普通の呼吸音が聞こえていた。 機長が操縦室のドアを激しくたたいていた間、10分間、操縦室内は呼吸音以外無音だった。

当局は、副操縦士が旅客機を意図的に墜落させたとみている。


さらに当局は、「自殺」という言葉は使っていない、なぜなら私たちは知らないからだ。ただ、自発的に旅客機の高度を下げたとしか分からない、と発表。 


副操縦士 Andreas Günther Lubitzドイツのモンタバウアー出身1987年生まれ28歳男性 エアロクラブの会員。 ジャーマンウィングス航空会社に勤めて数か月だった。


機長はPatrick Sonderheimer 6千時間の飛行時間経験があった。

ソース

El fiscal considera que el copiloto estrelló deliberadamente el avión

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。