otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ブエリング航空機、バルセロナから離陸後すぐ緊急着陸

|


インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)傘下の格安航空会社ブエリング航空の旅客機が、バルセロナのプラット空港を離陸後すぐ、同空港に緊急着陸をした。


ヨーロッパプレスの情報によると、同旅客機のパイロットは、”焦げたにおいがする”という理由で、大事をとって離陸した同空港に緊急着陸を行った。  


問題となった旅客機はブエリング航空1812便(VLG1812)で、朝7時にバルセロナを出発、ドイツのミュンヘンに9時5分に到着予定で、乗客数137名、客室乗務員が7名、パイロットが2名だった。


その後、乗客たちは他のブエリングの旅客機に搭乗し、9時50分に空港を後にした。 乗客の内12名は搭乗を拒否した。


ブエリング航空は、パイロットの今回の措置を「標準的な手順」であると発表。 搭乗拒否した乗客に対し、払い戻し、もしくは他の搭乗券と交換できると発表した。


ソース

Un avión de Vueling aterriza de emergencia en el Aeropuerto de Barcelona poco después de despegar 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。