otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

新しい治療法の確立により、急性脳梗塞による死亡率を半減させた。

|


バルビッチェ病院は、次世代の治療法により、脳梗塞による死亡率を半分に下げることが出来、治療を受けた患者の50%は機能的に自立性を回復したと発表した。


バルセロナ、バルビッチェ病院の報告によると、この新しい治療法を受け、回復すると、普通の生活に戻ることが出来る。 

以前までは15%しか発症前と同じ生活を送る事が出来なかった。


この治療法は、脳血管閉塞を持つ患者が血栓溶解剤が使えない、もしくは改善がみられない時に血栓切除の治療を行う。


「血管内治療の標準化が進めば、治療の迅速かつ効果的な血管の再疎通が可能になり、重度の虚血性脳卒中患者の予後が改善するだろう。」とバルビッチェ病院の脳梗塞部長ペレ・カルドナ医師は語った。


新しい治療法とは、カテーテルを介して、動脈の狭窄部にステント(主に金属でできた網目の筒状のもの)を挿入し、血管を広げ狭窄を改善するもの。 「この治療を行うためには、新しい知識と高度な技術が必要だ。」と、医師。


バルビッチェ病院は、本日26日、カタルーニャ州でも死亡率が高い脳梗塞の新しい治療法を発表する予定だ。


ソース

Reducen a la mitad la mortalidad por ictus isquémico grave con un nuevo tratamiento 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。