otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

2人のパイロットの内、1人が事故直前に操縦室の外にいた。

|


ジャーマンウィングスの旅客機、エアバスA320が南フランスのアルプス山脈に墜落した航空機事故で、ボイスレコーダーの解析を行っていた軍高官が、アメリカのニューヨーク・タイムズ紙に語った情報によると、二人のパイロットの内一人が、事故が起こる直前に操縦室にいなかった可能性があると語った。


ニューヨーク・タイムズに説明した内容によると、バルセロナからドュッセルドルフに飛行中、離陸当初は非常に落ち着いた会話が、二人のパイロットの間で行われていた。 しかしその後、音声データによると、操縦室に戻れなくなっていたようだ、と語った。


「外からドアを叩いていた。 しかし反応がなかった。」「ドアを叩く音は徐々に強くなっていったが、それでも反応がなかった。」と付け加えた。 現在、なぜパイロットの一人が操縦室を出たのか調査中だ。


「現在明らかになっているのは、事故発生直前、もう一人のパイロットが操縦室に一人でいて、ドアが開かなかったということだ。」 


ソース

Uno de los pilotos del avión estaba fuera de la cabina antes del accidente 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。