otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ジャーマンウィングス、生存者なし。

|

3月24日に起こったジャーマンウィングス航空機事故の、現地で救援活動を行っているフランス警察当局高官の情報によると、事故による生存者はいないと語った。 また、墜落場所の特殊な地形により、全ての遺体の収容には、何日かかかると語った。


「犠牲者の遺体を収容する、その後他を回収する。」と、フランス当局高官ハエン・パウル・ブロイはロイターに語った。 未だに事故原因は不明。


搭乗者には、ドイツ人生徒14人、とドイツ人教師2人が、乗っていたことが明らかになった。 カタルーニャの学校の交換留学生であった。


今朝10時、バルセロナのプラット空港で、お別れの言葉を交わした直後だった。


探索チームは300人規模。


現在、航空機事故現場には、約300人規模のフランス当局が捜索にあたっている。  フランス内務省によると、事故現場は標高が高く、アクセスが非常に困難であると語った。


フランスのベルナルド・カゼネウベ(Bernard cazeneuve)内務大臣の公式ツイッターによると、現在、消防員106人と、国家憲兵210人が事故現場に向かっているという。


ソース元

No hay supervivientes en el accidente aéreo de Los Alpes

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。