otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

アルベルト・フェルナンデス、バルセロナ市庁内PP委員長 カタルーニャ州自治政府の不履行を批判

|

アルベルト・フェルナンデス、バルセロナ市庁内国民党委員長は、23日月曜日に、カタルーニャ州政府は、バルセロナ市に対し為すべき体系的な事が行われていないと、州政府を非難した。


フェルナンデス氏は、ハビエル・トリアス、バルセロナ市長に対し、アルトゥール・マス州知事の目指す”国家”を目指すのではなく、都市としての機能の改善、促進を要求した。


フェルナンデス氏は、7400万ユーロをかけて建設された、ボルネ文化センターを例に出し、2008年に医療サービスの拡充のプランが承認されており、建設予定であった8つのプライマリーケアセンターの内、3つが未だに建設されておらず、建設予定であった11件の高等学校のうち7件が承認待ち、小学校は、7校の内5校が承認待ち。


フェルナンデス氏は、バルセロナ市は保育園の利用料金を上げ、保育園の場所を減らしている、と指摘。


アンダルシアのPPの大敗に関しては、「アンダルシアでの出来事が、そのままバルセロナの選挙を推定する材料とはならない。」と語った。


ソース元

Alberto Fernández critica los incumplimientos de la Generalitat con Barcelona

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。