otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン検察当局は、FCバルセロナのバルトメウ会長に2年3か月、ロセル元会長に7年3か月を求刑。

|

スペインの検察は、脱税の容疑でFCバルセロナのバルトメウ会長に2年3か月、ロセル元会長に7年3か月を求刑した。


検察は、バルトメウ会長に2年3か月の実刑を求刑し、さらにFCバルセロナに対しても3300万ユーロの罰金、賠償金を請求した。 また、バルトメウ会長に対しても罰金を請求している。


これら求刑は、連邦最高裁判所検察局から、フエス・パブロ・ルス裁判官に提出された。


今回提出された文章には、2014年にネイマール選手と契約した際、190万ユーロの脱税を行ったとされ、検察官は、脱税が行われたのは明白で、悪意を持って脱税が行われた可能性がある、と語った。


ホセ・ペラルス検察官によると、ネイマール選手の契約は、実際の契約額を隠し、多額の税金の支払いを回避した。 


ソース元

La Fiscalía pide dos años y tres meses de cárcel para Bartomeu y siete años y tres meses a Rosell

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。