otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 半数以上の母親が、仕事に復帰するという理由から、3か月以内に授乳を辞める。

|

スペイン小児科学会の最新情報によると、子供が生まれた時点で、80%の母親が子供に授乳させたいと答え、その後3週間後には68%にまで落ち込み、さらに3か月後には半数以上が授乳を辞めていたことが分かった。


ムルシアにあるキロン病院のロシオ・マルティン・ヒル医師は、「スペインでは、授乳期間が平均で16週間、3か月半くらいだ。 しかしながら、幼児は少なくとも6か月の授乳期間が必要であり、世界保健機構では他の食事をとりながら2年間の授乳期を推奨している。」と語った。


この期間は、少年期の健康の基礎となる期間であり、乳幼児の突然死などの危険性を下げ、成人になった時の健康に大きく役立つ、と専門家は語った。


生後6か月後前までに、授乳を辞める一番の理由が、母親の仕事復帰であるが、仕事に復帰した後でも、毎日同じ時間に授乳を優先することを推奨している。


ヒル医師は、乳幼児が生後六か月まで、母乳以外を摂取しないように勧めている。「野菜など、彼らはよく噛み砕くことが出来ない。」とのこと。


生後6か月を過ぎたら、一日に1回か、2回専用の食事をとることが出来るようになるが、授乳は続けるべきだ。とヒル医師。


ソース元

La mitad de las mujeres abandona la lactancia a los tres meses debido a su reincorporación al trabajo

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。