otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

​ONCEはバルビ ッチェ、生物学研究所と共に先天性視覚障害者について共同研究を行う予定。

|


ONCEは、バルセロナ大学のアナ・メンデス・スンスネギ教授、が率いるバルビッチェ病院の生物学研究所の感覚障害研究チームと共同研究を行い、先天性視覚障害の治療を目的とした、原因分子の特定を目指す。


統計によると、今日スペインでは15,000人が先天性視覚障害を持っている。 現在までに、網膜ジストロフィー(細胞や組織の物質代謝障害)の原因となる遺伝子が150ほど報告されているが、これらの障害にいかに対処するかが困難であった。


今後の課題は、網膜編成を遅くし、視覚機能を回復させる治療法を確立することであり、異なる遺伝子の変異により、分子や、細胞がどのように変化していくかのより深い知識を必要とする。


今回の研究では、網膜の光に反応する重要な役割を果たすたんぱく質の特定が目標。 


プロジェクト名は、「網膜色素変性症・遺伝性の網膜ジストロフィー構造に関する研究:病気の原因となるたんぱく質及び動物モデルにおける病原性のメカニズムの機能解析。」


ONCE(スペイン視覚障碍者協会)とは、スペインで身体障碍者らが宝くじを売り、その売上げを障碍者の教育、雇用の保障、バリアフリー化、さらに、研究所などと共同研究を行い、予防と効果的な治療方法を開発する為、先進的かつ、革新的な科学知識を得る協会。


ソース元

La ONCE y l’Institut d’Investigació Biomèdica de Bellvitge colaboran en un proyecto sobre ceguera hereditaria 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。