otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ市長立候補者のアルベルト・フェルナンデス国民党党員は、バルセロナ、ディアゴナル通りの改修費の追加費400万ユーロを非難

|


国民党(PP)からバルセロナ市長に立候補する予定のアルベルト・フェルナンデス氏は、バルセロナのディアゴナル通りの大規模な改修工事の追加費用が400万ユーロかかっており、1200万ユーロの予定が、1600万ユーロの工事費になったことを非難した。


ハビエル・トリアス市長に対する声明で、追加工事費が33%増えた、この追加費用は不当だと考えており、追加に投入された400万ユーロは、歩道のタイルの補充や、道路幅拡張等に使われていないとした。


バルセロナ現代美術館(MACBA)に展示される予定だった、ホアン・カルロス元国王を侮辱した'La bèstia i el sobirà. 31 artistes desfan les lògiques del poder'に関して、「非常にひどい、趣味の悪いものだ。」と批判した。


関連記事


バルセロナ現代美術館館長 展示物を撤去 元国王を侮辱


ソース元

Alberto Fernández reclama a Trias el "sobrecoste de 4 millones" de la reforma de la Diagonal 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。