otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

バルセロナ現代美術館館長 展示物を撤去 元国王を侮辱

|


バルセロナ現代美術館(MACBA)の館長バルトメウ・マリは、展示物'La bèstia i el sobirà. 31 artistes desfan les lògiques del poder'を撤去した。 「とても不快で、美術館の方向性とは真逆である。」と語った。


問題になった展示物は、オーストリアの芸術家、イネス・ドウジャク氏と、英国のジョン・バーカー氏らが作成した作品で、サン・パウロのビエナで2014年12月に開催された、展示会でも展示されていた。  展示物は、ホアン・カルロス元国王と、ボリビアのフェミニストのリーダーと、ジャーマンシェパードのソドミーのセックスシーンで、さらに元国王はヤグルマギクを吐いているというもの。


「25年間働いてきたが、展示物を撤去するに至ったのは今回が初めて。」とマリ館長。「アートはメッセージで、美術館はその送信機である。 今回の決定は、MACBAの名誉会長のレイナ・ソフィアの決定である。」と語った。


問題の展示物は、今後ドイツの博物館に収蔵される予定。 バルセロナでは3月19日から8月30日まで展示される予定であった。


ソース元

El director del Macba cancela una exposición por una obra "ofensiva" al Rey Juan Carlos

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。