otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

カステイ・デ・フェルス、薬物依存症治療施設の設置を拒否。

|


カステイ・デ・フェルス市長マヌエル・レイエス氏(国民党員)は、カステイ・デ・フェルス市のビスタ・アレグレ地区にある、新しい外来病棟内に薬物依存治療施設の設置を拒否する旨の嘆願書を保健局に送った。


市議会議員のソニア・モトス女史は、「我々の市民がこのサービスを欲しくないというのならば、我々はそれを助けなければならない。 市民が欲しない事を我々は始めることはできない。」


このプロジェクトは前市長が計画をしたもので、薬物依存を治療するための医療と心理ケア、リハビリテーションを兼ねたものだった。


今後、この場所はプライマリーケアセンター、小児科、眼科等を設置することが検討されている。


ソース元

Castelldefels rechaza acoger una narcosala en el nuevo ambulatorio de Vista Alegre

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。