otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

ドン・キホーテの作者、セルバンテスの遺体発見。

|

ドン・キホーテの作者ミゲル・デ・セルバンテス(1547-1616)の遺体を捜索していた研究チームは、一年以上かけてマドリードの指定文化財トリニタリアス修道院を調査、死後399年目にしてその遺体を発見した。


「出てきた様々な情報を検証した結果、セルバンテスの遺体である可能性だと考えられる。」と研究チームのディレクターである法医学人類学者フランシスコ・エチェベリアは語り、「様々な証拠が一致しており、相違はない。」と付け加えた。 この調査の結果、セルバンテスとその妻、カタリーナ・デ・サラザールの遺体は、地下納骨堂の最下階に、他の大人と子供と一緒に埋葬されていた。


偶然にも今年は、ドン・キホーテ出版400周年記念の年で、2016年にはセルバンテスの死後400周年であった。


ソース元

Encuentran los restos de Miguel de Cervantes en el convento de las Trinitarias de Madrid

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。