otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

絶滅危惧種スペインオオヤマネコ、高速道路で死亡を確認

|

絶滅危惧種スペインオオヤマネコ(メス12歳)が、ヒノホス(ウエルバ)と、コンデサ(セビリヤ)の間の高速道路A-481で死亡していたのが確認された。 これで、今年に入ってから、ドニャーナ国立公園で起きた事故は2回目。 国内全体で4回起きた。


事故が起きた直後、勧業省インフラ部門の委員長と、世界自然保護基金(WWF)の担当者が会議を開いた。 自然保護施設のメンテナンスを、今回起きたような”ブラック・スポット”を含め迅速に行われることで合意。


今年に入ってから同様の事故が起きたのは

コルドバ A-3001高速道路 

ハエンを通るA-4高速道路

コルドバ N-420幹線道路


保護団体はこれらの箇所の事故を未然に防ぐよう要求した。


ソース元

Fallece atropellado un nuevo ejemplar de lince ibérico en la A-481 entre Hinojos y Villamanrique 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。