otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

モダンタパスの店”THIS & THAT co.”のオープニングパーティーに行ってきました。

|

バルセロナの隣、ホスピタレット・デ・ヨブレガットに新しいモダンタパスの店”THIS & THAT co.”が開店するという事で、オープニングパーティに行ってきました。


こちらのレストラン、シェフはフアン・パブロ・カリソ(Juan Pablo Carrizo)さん36歳。

調理人として17年の経験を持っており、スペイン国内外でいくつものミシュラン星付きレストランで修業をしていたとのこと。

その経歴は、

エルブジ

カン・ロカ

サン・パウ

マルティン・ベラサテギ

キケ・ダコスタ

テラサ・デル・カシノ・デ・マドリード

パコ・ロンゲロ

アルベアル・パレス・ホテル

ギリ・レシデンス

ラ・ブルゴーニュ

ソフィテル・ホテル・デ・ルホ

と、そうそうたる名が連なっています。


この”THIS & THAT co.”はCocina 360°(360°の料理)というコンセプトを掲げています。 


これは一体どういう事かというと、お客さんのニーズに合わせて、どんな料理、どのようなサービスでも提供するという壮大なコンセプト。  店内でのプライベートパーティーはもちろんのこと、VIP用のケータリングや、誕生日パーティー等、様々なイベントに対応するとのこと。 これはひとえにシェフの奥さんモニカ・アルテロさんの、豊富な経験と、シェフのクリエイティブな料理が合致してなせる技と言えそうです。


レストランの場所はこちら。 最寄駅はEuropa i Fira。 スペイン広場から電車で5分くらいのところ。 駅から歩いて10分くらいでしょうか。


「オープニングパーティーにようこそ」




オープニングパーティー前、徐々に人が集まりだします。

DSCN0350.JPG




へちまみたいなランプ。

DSCN0351.JPG




もちろんカウンターもあります。 その右奥に半オープンキッチン。 間接照明を使っているので落ち着いた雰囲気。




Vivitek社製のプロジェクター 1080p Home theater Projector 白が完備されています。

DSCN0354





これでサッカーの観戦をしながらタパスをつまむのでしょうか。

DSCN0353





まず前菜的な感じで出てきたのは、ビールのショット。

DSCN0355


と思いきや、実は鳥の出汁がきいたスープ。  上部の泡は、メロンの泡です。 キメがとても細かく、粘性があります。 テクストゥーラ(textura)のシャンタナが入っているのでしょうか。 甘さと、しょっぱさを同時に味わえる、メロンとハモンのような後味。



お次は、木苺がシュガーコーティングされているものと、タラのすり身

DSCN0358


木苺は、周りがシュガーコーティングされていて、甘酸っぱさが加速しています。

そして上に乗っている、緑色のものはワサビ。 

この甘酸っぱさに“つーん”とワサビが追い打ちをかけます。 3つの味のコントラストが印象的。


もうひとつ、タラのすり身(ブランダーダ・デ・バカラオ)は、上にオリーブと、“オリーブの卵”が乗っています。 またしてもテクストゥーラです。 オリーブの卵はオリーブを海藻由来の物質で膜を作るのですが、水より比重の軽いオリーブ油の膜を作るのは面倒なのです。  

お味は、タラのすり身がよく裏ごしされいて、口に入れると途端にとろける感じ。 おいしい。




鳥肉入りシーザーサラダ。 ニンニクチップがアクセントになっています。 匂いは強くないので、気にならないかも。 鶏肉は、火が通っているかいないかのギリギリのところ。

DSCN0361

器が日本のお茶碗のようです。

DSCN0362




ついにメインのお出ましです。 この店の一押し料理タコです。 ガリシア風タコをイメージしているようです。 

下に敷いてある紫の物体は、紫芋のピューレです。

DSCN0363

タコはブヨブヨしている感じはなく、歯ごたえをしっかり残しつつも、やわらかく調理してあります。 また、香ばしい匂いが付いていて、焼き肉でタコを焼いた印象。 

味に飽きたら赤いチリソースを付けると、また違った料理に。 




デザートです。 チーズケーキです。 上にバイオレットと、メロンの種。 食材の種を使うのはエルブジの影響ですね。  チーズケーキは甘すぎず、またベースの部分がサックリしていました。 

これが喫茶店のケーキセットで出てきたら、毎日通ってしまうくらいのレベル。




トイレの入り口は一つ。 絵が可愛いです。

DSCN0369




手を洗う所は男女共同ですが、とてもかわいい感じ。

DSCN0371

バルセロナの見本市に近い場所にあり、見本市でVIPにケータリングするなら、うってつけです。 また、モダンタパスでありながら、すべての要望に応えるという新しいコンセプトのお店、せっかくスペインに来たんだから、美味しいスペイン料理が食べたい、というVIPにもお勧めです。


ケータリング等の相談はこちらまで。 英語、スペイン語。 日本語は残念ながら出来ないそうです。

THIS AND THAT co.

+34 933372277

info@thisandthatco.com





コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。