otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

2014年スペイン政府債務残高1兆330億ユーロ。

|

3月13日にスペイン銀行が発表した情報によると、2014年のスペイン政府債務残高が1兆330億ユーロとなることが分かった。


この数字は、GDPの97.67%で、政府目標の97.6%を達成したといえる。

経済相によると、2014年10月時点での予想値では、97.14%であったが、今回の修正値でも政府目標を達成したと語った。 


また、2014年の債務残高は、676億8700万ユーロ増加し、7%の増加率であったが、2008年以来の経済危機では最低の増加率となった。


経済学者は今回の債務残高増加率が低かった理由を2つ上げている。

一つは、この3年間、財政再建の過程が強固であった。

もう一つは、2012年と2013年のような公的資金注入が必要でなかったとみられたことだ。

今年より、経済・競争力大臣主導でスペインの財政再建に取り組む。 

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。