otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH

スペイン 400万人以上の成人、慢性的な不眠症に苦しむ。

|


スペイン神経学協会(SEN)の情報によると、スペインの成人人口の25%から35%が慢性的な不眠症に苦しんでいることが分かった。 


慢性的な不眠症は、生活の質を著しく低下させ、うつ病、記憶障害などと関係があり、また高血圧、糖尿病、肥満など様々な疾患を引き起こす恐れがある。


SENのヘルナンド・ペレス・ディアス博士によると、慢性的な不眠症の原因は様々であるが、認知行動療法(認知療法)等のテラピーを受けることにより、70%ほどの慢性的不眠症を解決できる。 また、一時的に不安を軽減し、睡眠誘導剤等を使用するのも効果的だ、とのこと。


「また、我々は、精神安定剤のベンゾジアゼピンが不眠症を誘発することを突き止めた。 さらに、この安定剤は12週間以上の期間服用をしてはならない。 なぜならば、中枢神経の働きを抑制し、また筋肉弛緩を引き起こし、胃食道逆流や、無呼吸症候群を併発する恐れがあるからだ。」


またヘルナンド博士は、このベンゾジアゼピン系精神安定剤を長期間使用することによって、51%の確率でアルツハイマー症を発症すると語った。


専門家たちは、不眠症を回避する為、生活のリズムを自然光に合わせ、就寝前に刺激的な飲料や、重たい食事を避けるよう勧めている。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。