otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH
グリーンピース

グリーンピースはスペイン国内6か所で、原子力反対運動を行う予定。

|

グリーンピース・スペインは、東日本大地震による津波被害で、原子力発電所がメルトダウンを起こしてから、ちょうど4周年を記念して、マドリード、バルセロナ、アルメリア、サンティアゴ、パルマデ・マヨルカの6都市で原子力反対運動を行うと発表した。


グリーンピースの原子力発電専門家ラケル・モントン氏は、「約1年半、日本は原子力発電を行わなかった。 原子力発電が無くても大丈夫であると日本が証明してくれた。 日本は原子力発電を永久に停止するべきだ。」と語った。


2011年3月11日に東日本で地震が発生し、津波が福島の原子力発電所を襲った。 これにより原子力発電所がメルトダウンを起こし、放出された放射線は、米国やフィンランドでも検出された。

コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。