otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH
議会

マリアノ・ラホイ首相、カタルーニャ州議会は、貧困問題に関して何も進展していないと、批判。

|


本日行われた議会で、マリアノ・ラホイ首相は、カタルーニャ州議会は、子供の貧困や不平等を是正する措置をなんら行っていないとし、2015年の予算案にもその計画が組み込まれていないと批判した。


カタルーニャ共和主義左翼(ERC)のスポークスマン・アルフレッドボッシュ氏は、「武器などを購入するよりも、国内に存在する不平等と、子供の貧困を是正すべきではないか。」との問いに、ラホイ首相は「ここにあるカタルーニャ州の2015年予算の中に不平等と子供の貧困を是正するための計画が組み込まれていない。 あなた方の党が連立政権を組んでいるCIUが作成した予算案ではないか。」 と答えた。


首相は、「スペインは威厳のある生活を生きている国である。 時には難しい時期もあるが、常に堂々としている。」と語り、「子供の貧困と闘うためには、我々は彼らの両親の失業を減らしていかなければならない。」


ERCのスポークスマンに対し、「我々は所得税の免除や、炊き出し用の食費をまかなう基金、新しい社会援助の基金創設などを実行に移している。 政府の耳を引っ張るようなことはしないでほしい。」と非難した。


コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。