otras idiomas: ESPAÑOL | ENGLISH
アンドラ 汚職

アンドラ・プライベート・バンク(La Banca Privada Andorrana)、アメリカ当局の捜査のメスが入る。

|


アンドラ公国のアントニ・マルティ首相は、本日アンドラ・プライベート・バンク(La banca Privada Andorrana:以下BPA)が米国当局からの要請で、金融総合研究所(INAF)による、マネーロンダリングなどの疑いがあるとして、捜査が開始された。


米国当局(FinCEN)は、犯罪組織のマネーロンダリングをほう助した疑いがあるとして、BPAの重役たちを捜査する方向だ。


米国政府機関の声明によると、BPAはシエルコ・ファミリーが所有しており、ロシアのマフィアがアンドレイ・ペトロフを介してマネーロンダリングを行っていた。 アンドレイ・ペトロフは、2013年二月にスペイン警察により逮捕されており、彼はFBIの重要人物10人のうちの一人、セミオン・モジェビッチと関係があったとみられている。


BPAの幹部たちはこのようなマネーロンダリングの際、高額な手数料を受け取っていた疑いがもたれている。 他の事件では、中国人のガオ・ピンが人身売買組織や、犯罪組織と関係があるとみられており、財務省によると、彼は多額の手数料をBPAに支払っていたと発表されている。 彼は2012年9月にスペインの警察により逮捕されている。


また、BPAは、国有石油会社ベネズエラ・石油(PDVSA)の資金をマネーロンダリングしていた疑いもある。  アンドラの銀行はこの会社から20億ドル規模のマネーロンダリングをほう助した疑いがあると米国当局は発表している。


この銀行は、カタルーニャ州のプジョル元知事が、隠し資産を預けていた銀行であることを忘れてはいけない。



コメント無し

あなたのコメントを書く




あなたはスペインの法律や中傷に反して、コメントを注ぐことはできません。 我々は、トピックをオフに検討して、コメントを削除する権利を留保します。